メダロット新聞

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny
はい、ということで第一話のタイトルロゴのスクショ撮り忘れましたメダロット3の日記をやっていきましょう!

では改めて…

メダ3

メダロット3!

ちなみに私は初代の頃からカブト一筋なので、当然カブトverでプレイしていきます。

あ、もちろん既プレイですが、久々すぎて感動してますw

ちなみにストーリーを完全に知りたいという方は動画サイトでプレイ動画をどうぞ(汗

ということで主人公名をイッキ、パートナー機をメタビーと名付けたところでゲームスタート。

メダロット初期メダ

メタビーキタァァァアア!!!

KBT型大好きすぎる私はこの時点で興奮しすぎて5分くらいこの画面を眺めてましたw

このメタビーを携えて今から数多の困難をイッキ君は乗り越えていくわけですね><

てかこの機体ぶっちゃけかなり強いんですよね(笑)

序盤の敵ならほぼサブマシンガン一本で勝ち抜けます。

メダロットサブマシンガン

こんな感じでイワノイ、キクヒメを瞬殺です。

実はスクリューズ戦のスクショがちゃんと保存できてなくてダイジェストになった(笑)

このあとは必殺卵割りでタマゴパックの中身を粉砕し、お母さんに説教されます。

そして親父殿に軍資金(3000円)を頂いてメダロット研究所へ出発!

ここでメダロット博士に「じきあらし」の話をされ、ナエさんにはなんとメダルを貰いました!

クロサキ

メダルは将来の索敵・防御役を見越してのヒーローメダルです!

名前はクロサキ(由来:BLEACHの主人公黒崎くん)にしましたw

そしてイッキ君、アリカちゃんは「じきあらし」の原因を探るべく学校に向かいます。

メダロット学校散策

これからいろんな教室を回っていくのですが、イベントも少なく長いのでダイジェストで!

おとこのこ

ダイジェスト① おとこのこにプリン泥棒扱いされていきなりロボトル→瞬殺してやりましたw

じょしべん

ダイジェスト② 女子便突入 真面目に聞き込み

メダロット馬鹿

ダイジェスト③ 別の意味での天才を発見

ということで特に有力な情報もないので、町の怪しい場所→廃工場を調べることに。

そこにはメダロット研究所を追い出された白玉が。

メダロットリンボマンボ

なんでこの世界の人は有無を言わさず喧嘩を吹っかけてくるのだろうか。

白玉を撃破した後、宝箱からロボロボメダル×5と脚部パーツ「コダカラン」を入手。

その後カガミヤマの家を襲撃して、左腕パーツ「レストレーザー」を入手。

そして小学校にはロボロボ団幹部スルメが登場。

スクショ撮り忘れた

その後研究所前に倒れている白玉からミニミニマシーンを強奪してメダロット博士に提出。

メダロットブラス

研究所から出るとアリカちゃんにいきなりロボトルを仕掛けられました。

ちなみにアリカちゃんのメダロット、ブラスことラストセーラーはかなり性能が高いメダです。

頭部はHPが驚異の70、そのうえ索敵行動。左腕には、ねらいうちのマシンガンまで完備。

単機の性能はメタビーに引けを取らないレベルの機体です。

索敵→ねらいうちはクリティカル発動の基本コンボですからね。

メダロットブラス脂肪

さすがにちょっと手強かったですが、メタビーのねらいうち熟練度がいい感じに育っていたので

うまい具合にクリティカルが出て倒せました。

この後は博士に預けたはずのマシーンをまた強奪して7匹のミニロボ団を探しに行きました。

メダロットロボロボ7

終了。

このあとはいよいよメダリンピック参加です!

第1回目は目立つイベントがなかったのでダイジェストでお送りした部分も多かったですが、

いいイベントがあるときはそこをじっくり書くかもしれません(笑)

では、今回はこの辺でノシ
スポンサーサイト

Post comment

  • 名前:
  • タイトル:
  • メール:
  • URL:

  • パスワード:

  • :管理人者のみに表示を許可します

Trackback

トラックバックURL:
プロフィール

おだけん@サンダー

Author:おだけん@サンダー
おだけんと申します。
メダロットは全作プレイするほど大好きです。
メダロットについてガンガン語りましょう!
ロボトルゥゥゥファイトォォォ!

最新記事
最新コメント
メダロットBGM

カテゴリ
アクセスカウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。